冷蔵庫に入れてもすぐ傷んでしまうレタス。

わたしは弁当のまくらによく使うんですがぁ~!長持ちさせるの大変ですよね^^;

街の人にレタスを長持ちさせる方法を聞いてみると

「芯をくり抜いて濡れたキッチンペーパーを入れる」と答える人が多かった。

実際にやってみると4日後に茶色い部分ができてしなびてしまいました。

シニア野菜ソムリエ・KAORUさんが行う方法で試しました。

【芯に3本の爪楊枝を奥まで差し込む】

レタスに爪楊枝

レタスの芯の切った部分に爪楊枝を3本三角形になるように差し込む。

何もしないレタス4日後に傷んでしまいましたが、この方法では7日間以上もちました。

『理由』

レタスの芯の先端部分には「生長点」といわれる細胞があり収穫後栄養分を使い続けて成長しているのです。

しかし、三角形を描くように爪楊枝を指すと芯にある生長点が程よく破壊され成長を遅らせ、劣化しにくくなるのです。

この技はレタスだけでなく、同じように芯のあるキャベツや白菜にも使えます。

これは嬉しいですね。安い時にちょっと多めに買ってもこの裏ワザで安心です。

是非お試し下さい。

スポンサーリンク

またこうゆうのもありましたのでご紹介します

「レタスを冷蔵庫で保存していたら、すぐしなびてしまった」なんて経験を持つ方は、案外多いのではないでしょうか。レタスを丸ごと買えば、サラダにしても結構な量。でも日持ちがしないから買うのをためらってしまう、と思っていた方に朗報です!実は、キッチンにある“アレ”で、レタスの日持ちが良くなるのです。
…それは、小麦粉です! 小麦粉をある部分に使うと、レタスはシワシワにならず、しっかり長持ちしてくれるのです。
今回は、レタスを長持ちさせる“小麦粉を使った保存のコツ”をご紹介します。
レタスに小麦粉を使うと言っても、やみくもにまぶすだけでは効果は期待できません。

どこに小麦粉を使うかと言えば、「芯」の部分です。

小麦粉を使うレタスの保存方法

 

レタスの芯を少し包丁で切り落とし、その部分に小麦粉をまぶします。
 

 

これをポリ袋に入れ、しっかりと結び、芯の部分を下にして、冷蔵庫の野菜室で保存します。

 

 

これだけでレタスの日持ちが良くなるんです!
このからくり、実は、芯につけた小麦粉が、レタスの水分が抜けるのを防いでくれているのです。外側の葉から使っていけば、3 週間程度ももつというからビックリしますよね。
これなら、買ってから多少日にちが空いても、フレッシュなままで何度もレシピに登場させられそうです。

比べて納得!レタス保存8日目の状態

画像はクリックで拡大します

ちなみに、レタスをそのまま野菜室に保存したものと、芯に小麦粉をつけてポリ袋に入れて保存したもので、8日目の状態を比べてみたところ、鮮度には大きな差がつきました。
前者は外側の葉はしなびてしまい、見た目もかなり劣化(写真左)。ハリとツヤが失われてしまって、お世辞にもおいしそうとは言えなくなってしまいました。
しかし、後者は外側の葉も内側の葉もみずみずしい状態を保ったまま、鮮度をキープしたのです!(写真右)

最後に

「小麦粉」は多くのご家庭にある食品。レタスの芯にまぶすだけでしなびにくくなるのなら、使わない手はありません!今後は丸ごとレタスを買っても、使い切るのが容易になりますね。
ちなみに、レタスをスープや炒め物に使う予定であれば、生のままちぎって冷凍保存しておく方法も。シャキシャキ感は減りますが、そのまま使えて簡単便利、見た目の彩りも良くなり一石二鳥ですよ。

引用源:VEGEDAY

こちらもお試しください。

スポンサードリンク