機能性表示食品のカップめん誕生!

エースコックが今年3月に改良発売したカップ麺「だしの旨みで減塩」シリーズは、健康を気にする高齢層を中心に人気だ。血圧が高めの人に適したとされる成分を新たに配合、機能性表示食品として認められた。希望小売価格は122円。

 

「鶏炊きうどん」「小海老天そば」「中華そば」の3種類。だしの風味を生かすなどして、塩分を減らしながらも薄く感じない味にしあげたのが売りだ。鶏のスープにゆずこしょうを加えたり、エビを揚げた香りを強めたり工夫を重ねた。

 

「60代の世代は若い頃からカップ麺になじんできた。この層を狙えば市場が伸びると考えた」という。このことが開発のきっかけだ。一般的なカップ麺に比べ、内容当たりの塩分を40%カット。

国立環境機器病研究センターが食生活の改善に役立つと基準を定めた「かるしお認定」取得した。

 

食が細くなった高齢層の人たちが食べ切れるように配慮。内容量は約40㌘と、70~100㌘のものが多い一般的なカップ麺に比べかなり少なくした。おにぎりなどと組合せた手軽な昼食や、間食、夜食として食べる人が多いという。

 

高齢の1人暮らしや夫婦だけの世帯では、カップ麺が食卓に上がる回数が増えがちだ。「高齢層の人が安心して食べられる商品を今後も開発したい」と意気込む。

 

スポンサーリンク

 

管理人も高齢者ですので、ありがたものですね。しかしカップ麺は若い頃は毎日でも食べれたんですが、さすがにこの歳なると無理ですね^^;。先だって現場でお昼のおにぎりのお供に、カップ麺(その時に限って珍しい食べたこと無いカップ麺)を食べたんですが、昼休み終えて仕事を始めると、気持ち悪くなり吐きそうになり物かげへ・・・^^; そうです、食あたりですそのまんま出てきました・・・すみませんm(_ _)m。

 

それからは、食べれなくなりましたが夫婦ふたり生活は多くなりましたね、カップ麺とか袋ラーメン。妻はまったく食べなかったんですが育ちが浜ですから、なまもの系でしたけど今は食べてますw・・・^^;。

 

管理人は山育ちで、実家では組合ラーメンを毎月2箱はとってましたんで、育ち盛りは袋ラーメンでした。友達は学校から帰ると、どんぶり飯2杯梅干しとか猫まんまで食ってたそうですが管理人は、袋ラーメン2杯でした^^;ですから、大っきくなれなかったのかもしれません(笑)。

 

当時は卵入れるわけもなく、そのまんまの袋ラーメンでしたが、今は肉野菜炒めて味噌ラーメン風。メンマ、ノリ、チャーシューなど添えて中華そば風にしますねでものびが早いんで、孫たちには生麺で作りますが・・・^^;。

 

皆さんは、どうしてますかぁ~?

 

 

スポンサードリンク