泣けるコピペの中から”母”がテーマのお話をご紹介します。

わかっていても何度読んでも号泣必至!
ハンカチをご準備ください。

母さんのハンバーグ

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。
なので料理は基本的に父が作っていた。

 

ただ、遠足などで弁当がいる時は、母さんが頑張って作ってくれていた。でも、小学校6年の時の遠足で、見た目が悪い母さんの弁当を見られるのが嫌で、とうとう「弁当はコンビニで買っていくから、この弁当はいらない!!」と言ってしまた。

 

母さんはそんな馬鹿な俺に、ただ、うまく作れなくてごめんねとしか言わなかった。時は過ぎ、小・中は給食だったのだが、高校になってからは給食はないのでいつも昼は購買のパンですませていた。

 

しかし、高校2年になったある日、母さんが弁当を作ると言い出した。それは遠足の時に作ってくれたものとは、見た目も味も段違いに良くなっていた。不自由な手で、一生懸命作ってくれたのだ。と、思ったのもつかの間。 肺炎で入院したかと思うとぽっくり逝ってしまった。

 

弁当を作り始めてから3ヶ月しか経たない内に。母さんが死んだ後、親父から聞いたのだが、どうやら母さんは俺の為に、定食屋をやっている知り合いの所に一年間料理を習いに行っていたらしい。

 

そして後日、その定食屋に行って見た。定食屋の人と俺は直接、関わりは無いけれど、優しそうな人だった。
そして母がよく弁当に入れていたメニュー、ハンバーグ。それの定食を頼んだ。そして、それを口にしたとたん、ぼろぼろと涙がこぼれてきた。たった3ヶ月しか食べられなかったけど、たしかに母さんのハンバーグの味にそっくりなのだ。

 

腕がまともに動かせないのに、頑張って作ってくれた、あのハンバーグの味。形は少し不細工だったけど、とても美味しかった、あの、ハンバーグの味。

 

スポンサーリンク

 

母の最後のわがまま

「OKINAWAに行かない?」

いきなり母が電話で聞いてきた。 当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。
「忙しいから駄目」と言ったのだが母はなかなか諦めない。
「どうしても駄目?」「今大事な時期だから。就職決まったらね」
「そう・・・」母は残念そうに電話を切った。 急になんだろうと思ったが気にしないでおいた。

 

それから半年後に母が死んだ。癌だった。 医者からは余命半年と言われてたらしい。医者や親戚には息子が今大事な時期で、心配するから連絡しないでくれと念を押していたらしい。父母俺と三人家族で中学の頃、父が交通事故で死に、パートをして大学まで行かせてくれた母。OKINAWAに行きたいというのは今まで俺のためだけに生きてきた母の最初で最後のワガママだった。

 

叔母から母が病院で最後まで持っていた小学生の頃の自分の絵日記を渡された。パラパラとめくると写真が挟んであるページがあった。絵日記には「今日はOKINAWAに遊びにきた。海がきれいで雲がきれいですごく楽い。
ずっと遊んでいたら旅館に帰ってから全身がやけてむちゃくちゃ痛かった。」・・・というような事が書いてあった。すっかり忘れていた記憶を思い出す事が出来た。

 

自分は大きくなったらお金を貯めて父母をOKINAWAに連れていってあげる。というようなことをこの旅行の後、言ったと思う。母はそれをずっと覚えていたのだ。そして挟んである写真には自分を真ん中に砂浜での三人が楽しそうに映っていた。

 

自分は母が電話をしてきた時、どうして母の唯一のワガママを聞いてやれなかったのか。もう恩返しする事が出来ない・・・ 涙がぶわっと溢れてきて止められなかった。

スポンサードリンク