しっかりと歩けた!30分で症状が改善

Bさん(50代・男性)は、脳梗塞の後遺症による軽いマヒが長年続くことに悩み、足を引きずるようにして先生のもとへ相談に訪れました。

 

先生は、損場でBさんに血流アップ酵素をとってもらいました。すると、30分ほどで明らかにマヒの改善が認められたのです。

 

Bさんは「手の指先に力が戻って、物がきちんと握れるようになり、足の不快感も軽くなった」といいます。その場で血流アップ酵素の作用を実感したBさんは、別人のようにしっかりした足どりで帰っていきました。

 

血流アップ酵素は。副作用の心配もほとんどないので、脳梗塞以外の病気を治療中の人も使うことができます。高血圧の治療中だったCさん(72歳・女性)の相談は、「右手が急にしびれて箸やペンを取り落とす」というものでした。

 

先生は、Cさんの脳に虚血(血流不足)が起こってるいると考えて、血流アップ酵素を試してもらいました。すると、翌日から右手のしびれが軽減し、3日後にはすっかり解消しました。Cさんは、その後も血流アップ酵素を取り続けており、症状は再発してないそうです。

 

スポンサーリンク

 

病院で狭心症の治療を続けていたDさん(70代・男性)は、軽いめまいを感じて検査を受け、脳梗塞が見つかりました。このとき、担当の医師から「狭心症の治療薬を使ってる間は、脳梗塞の治療薬を処方することができない。安静にするしか方法がない」と言われたそうです。

 

困ったDさんは、先生のもとへ相談に訪れました。そこで血流アップ酵素をとってもらったところ、3ヶ月後の検査で、脳梗塞の影がきえていることが確認されました。そのうえ、狭心症まで改善したといいます。

 

Dさんは「実は、心臓の血管の狭くなった部分にステント(医療用の筒)を入れる手術を行う寸前だったのです。おかげさまで、手術しなくてすみました」と喜んでます。

 

Eさん(50代・男性)の場合は、脳梗塞の発症から歳月がたち、後遺症も深刻なものでした。左半身のマヒが強く、言語障害があり、杖を突かないと歩けない状態だったのです。それが、血流アップ酵素をとったところ、2週間後には杖なしで歩くことができ、言葉もはっきりと話せるようになったのです。

 

脳梗塞だけでなく、動脈硬化の進行が心配な人も、血流アップ酵素を試してみるといいでしょう。

夢21誌引用【久野則一医師談】

 

これだけの効果がある、「血流アップ酵素」素晴らしいものだと思います。管理人も、そろそろ試してみなくてはならない年代ですので、「血流アップ酵素」のサプリメントをよく調べ、覚醒して行きたいと思います。

スポンサードリンク