免疫力とは健康を脅かす様々なものから身を守る力で、この力が弱ってくると風邪を引いたり病気になってしまします。

そこで今回は意識してリラックスすること、体を温めることでたまった疲れを取り免疫力を高めていく方法を紹介します。

~免疫力をたかめよう~

 ●まずは、深呼吸をしましょう
鼻から吸って、ゆっくりゆっくり口から吐きながら、体の力を抜きましょう。
20秒ほどかけてゆっくり息を吐き出すこを意識しましょう。
すると自然に空気が入ってきます。
疲れたなと思ったら深呼吸。

 

●帰宅後は明かりを消してぬるめのお風呂に入りましょう
薄暗さと暖かさで心身のリラックス効果が倍増し、疲れもほぐれます。
シャワーだけでは疲れはとれません。
筋肉の緊張を緩めて気持ちをリラックスさせてくれるお風呂で、手足をゆっくり伸ばしてみましょう。

 

●生活リズムを大切に、夜型生活はやめましょう
昼は活動、夜は睡眠という本来のリズムが体の中に備わってます。
睡眠は、披露を回復し傷んだ体や心をメンテナンスする大切な働きがあります。
まず朝は、朝日を浴びることで本来の生活リズムが生まれます。
夜は暗くすることです。
眠れないからといってお酒に頼ると逆に眠りが浅くなり、疲れは取れません。
眠れないくてつらいと感じた場合は相談機関などに相談して下さい。
披露は免疫力を弱めます。

 

●喫煙はもってのほか。イライラしたら深呼吸を
タバコは体を傷つけ免疫力を弱めます。
吸いたくなったら深呼吸 ♪♪

 

●寝る前に軽いストレッチ体操を!
筋肉と併せ、心までほぐし疲労回復に効果的です。

スポンサーリンク

~これを食べて免疫力アップ~

 

●温かい鍋料理
鍋料理はバランス食!しかも体が温まることで免疫力アップします。
生姜やねぎなど根菜がおすすめ。

 

●体と心の疲れを取るレシテン・ビタミンB
鍋には卵、大豆、豆腐、油あげ、凍り豆腐、などの豆製品や疲れを取る
豚肉などのレシチンやビタミンBが多い具材、春菊などの緑黄野菜がお勧めです。
パワーアップにはにんにく・ねぎをたっぷりにしましょう。

 

●旬の果物はビタミンたっぷり
どの果物を食べても疲労回復の効果回復の効果があります。
喉や鼻の粘膜を丈夫にする栄養がたっぷりです。
果物は毎日1個は食べて、風邪から身を守りましょう。

 

●夜は20時までには食べ終わりましょう
残業で遅くなる人は18時頃におにぎりなどの捕食を摂りましょう。
夜遅く食べれば食べるほど、内臓の過重労働になり免疫力が低下します。

 

●朝ごはんは味噌汁つきで
朝ごはんを食べることで、生活リズムがつきます。
寒い冬こそ味噌汁を飲んで体を温めます。
そして、外出するときはマフラーは必携です。

 

疲れている時こそスキンシップ
手をつなぐ、体をさするなどのスキンシップには
ストレスや不安を和らげる効果があります。やさ
しくお互いに肩たたきをしましょう。心を温かく

体も暖かくこの暖かさが免疫力アップにつながります。

「お疲れさん」

「ありがとう」

の言葉を添えて!

 

まとめ

急がば回れ・・・一呼吸おいて

忙しいときこそ、疲れているときこそ免疫力は弱まるのです。

こんな時だからこそ、一呼吸おきましょう。

一呼吸おくことで、血液の循環が良くなり免疫力が高まります。

疲れたなーと思ったらフーと息をゆっくり吐いて力を抜いて見ましょう。

 

 

 

スポンサードリンク