第27回赤川花火大会「結夢 ~笑顔あやなす悠久の華~」(あかがわはなびたいかい ゆめ えがおあやなすゆうきゅうのはな)
http://www.jalan.net/jalan/img/3/event/0203/KL/e203175a.jpg

トップクラスの花火師が技を競い合う全国デザイン花火競技会として「赤川花火大会」が開催されます。赤川河畔のマス席からは、見上げてしまうほどの臨場感溢れる大きさで花火が迫ります。全国屈指と評価される花火のパフォーマンスが次々と繰り広げられ、なかでも最大打ち上げ幅700mのワイド感が圧巻です。 ※打ち上げ数、1万2000発 観客数、30万人。 昨年度打ち上げ数1万2000発、観客数、30万人。 臨時トイレ(会場内)約300棟、バリアフリー1か所 臨時駐車場約3500台(鶴岡中央工業団地各所、鶴岡東工業団地各所、鶴岡市櫛引総合運動公園駐車場)

開催期間  2017年8月19日  オープニング18:45~、打上開始19:15~、終了予定21:00 ※小雨決行、荒天時中止順延なし
開催場所  山形県鶴岡市 赤川河畔(羽黒橋から三川橋まで)
交通アクセス  JR羽越本線「鶴岡駅」から徒歩20分、または山形自動車道「鶴岡IC」から車約15分
主催  赤川花火大会実行委員会
料金  有料観覧席あり SA席2万3000円、A席1万7000円(いずれもマス席、定員6人) ほか
問合せ先  赤川花火情報ガイダンスダイヤル 0235-64-0701
ホームページ  http://www.akagawahanabi.com/

 

 むらやま徳内まつり(むらやまとくないまつり)
http://www.jalan.net/jalan/img/3/event/0203/KL/e203174b.jpg

江戸時代の北方探検家であった最上徳内が建立した神明宮(現厚岸神社)に受け継がれるお囃子が、徳内の故郷、村山市に伝わり始まったまつりです。メインイベントの「徳内ばやし」では、豪華絢爛な山車に、鉦、笛、太鼓、掛け声などの囃し手を乗せ、アップテンポなお囃子にあわせて、踊り手が勇壮かつ華麗に舞い踊ります。

開催期間  2017年8月18日~20日  【宵まつり】18日18:00~21:00  【本まつり】19日~20日(徳内ばやし共演時間/19日18:00~21:00、20日16:00~19:30)
開催場所  山形県村山市 楯岡商店街、ふれあい広場 ほか
交通アクセス  JR奥羽本線「村山駅」からすぐ、または東北中央自動車道「東根IC」から車約15分
主催  むらやま徳内まつり実行委員会
料金  有料観覧席あり 500円 ※前売りあり
問合せ先  村山市商工観光課 0237-55-2111
ホームページ  http://murayamatokunai.jp/

 

 新庄まつり(しんじょうまつり)
http://www.jalan.net/jalan/img/3/event/0203/KL/e203170.jpg

260年の歴史を持つ新庄まつりは、藩主の戸沢正のぶが飢饉で苦しんだ領民を励まし五穀豊穣を願うため、天満宮で行なった祭礼が起源です。2016年、全国33件の「山・鉾・屋台行事」の一つとして、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。木まつりは、総勢200人による神輿渡御行列に続き、歌舞伎などを題材にした20台の山車行列が行われます。※戸沢正のぶの「のぶ」の字は、正しくは言に甚

開催期間  2017年8月24日~26日  【24日】宵まつり  【25日】本まつり  【26日】飾り山車
開催場所  山形県新庄市 新庄駅前ふれあい広場「アビエス」 ほか市内一円
交通アクセス  JR奥羽本線「新庄駅」下車
主催  新庄まつり実行委員会(新庄商工会議所内)
料金  有料観覧席あり 1500円~2000円
問合せ先  観覧席予約専用電話番号 0233-23-3844 (7月3日から開通)
ホームページ  http://shinjo-matsuri.jp/

スポンサーリンク

 第29回日本一の芋煮会フェスティバル(にほんいちのいもにかいフェスティバル)
http://www.jalan.net/jalan/img/3/event/0203/KL/e203541a.jpg

おいしさもスケールも日本一の芋煮会が、山形で開催されます。6mの大鍋に里芋3t、牛肉1.2t、コンニャク3500枚、長ネギ3500本、味付けの醤油700リットルのほか、隠し味に日本酒50升、砂糖200kg、そして水6tが加えられ、6tの薪(ナラ材)で煮炊きします。今年も3万食が提供される予定で、会場では、マイ箸キャンペーンなどエコロジーにも取り組んでいます。そのほか、さまざまなイベントが催され、多くの人で賑わいます。 ※臨時駐車場および駐車場と会場間の有料シャトルバスが運行されます。駐車台数に限りがあるため、なるべく公共交通機関をご利用ください。

開催期間  2017年9月17日  ※雨天決行、荒天中止
開催場所  山形市 馬見ケ崎川河川敷双月橋付近
交通アクセス  JR「山形駅」から「沼ノ辺行」・「千歳公園行」のバス約20分「山形市消防署前」下車
主催  日本一の芋煮会フェスティバル協議会、山形市、山形商工会議所、山形商工会議所青年部
料金  芋煮1杯300円以上の協賛
問合せ先  日本一の芋煮会フェスティバル事務局(山形商工会議所内) 023-622-0141 imoniman@y-yeg.jp
ホームページ  http://www.y-yeg.jp/imoni/

 

 第5回山形まるごとマラソン(やまがたまるごとマラソン)
http://www.jalan.net/jalan/img/6/event/0206/KL/e206947.jpg

4年連続で全国ランニング大会100撰に選出された「山形まるごとマラソン」が、5回目を迎え開催されます。山形市総合スポーツセンターをスタート&フィニッシュに、霞城公園、七日町、文翔館、馬見ヶ崎川など、市内の観光スポットをめぐるコース設定となっています。フィニッシュ後は、名物の芋煮のふるまいが予定されています。

開催期間  2017年10月1日  【スタート】ハーフマラソン/9:05(制限時間2時間40分)、5km/8:25(制限時間40分)、3km/8:20(制限時間30分)
開催場所  山形市 山形市総合スポーツセンター(スタート&フィニッシュ)
交通アクセス  JR仙山線「羽前千歳駅」から徒歩5分
主催  山形市、山形市教育委員会、公益財団法人山形市体育協会、山形市陸上競技協会
料金  ※参加申込は終了しました。
問合せ先  山形シティマラソン大会実行委員会事務局 023-615-1182 y-c.marathon@yamagatasi-taikyou.jp
ホームページ  http://www.yamagata-city-marathon.com/

 

 新庄ハーフマラソン大会(しんじょうハーフマラソンたいかい)
http://www.jalan.net/jalan/img/6/event/0206/KL/e206918.jpg

小学生からシニアまで誰もが気軽に参加できるマラソン大会です。豊かな田園風景の中、風光明媚な景色を楽しみながら、走ることができるコースです。コースでは、新庄の旬の味覚、新庄名物いものこ汁、おにぎり(つや姫使用)が参加者全員に振る舞われます。

開催期間  2017年10月7日  スタート/9:00~(コース毎順次)
開催場所  山形県新庄市 新庄市陸上競技場
交通アクセス  JR奥羽本線「新庄駅」から徒歩20分
主催  新庄市、新庄市教育委員会、一般財団法人新庄市体育協会、新庄地区陸上競技協会
料金  一般4000円、高校生2000円、中小生・ウォーキング1000円 ※ホームページからの申込/8月21日締め切り(ホームページをご覧ください)
問合せ先  新庄ハーフマラソン大会実行委員会事務局 0233-22-2111 syakaikyouiku@city.shinjo.yamagata.jp
ホームページ  http://www.shinjohalf.jp/

スポンサーリンク

 月山龍神マラソン(がっさんりゅうじんマラソン)
http://www.jalan.net/jalan/img/6/event/0206/KL/e206920a.jpg

名水百選にも選ばれた立谷沢川流域を舞台に、自然と歴史に親しむ「月山龍神マラソン」が開催されます。霊峰月山を望みながら、立谷沢川沿いを往復するコースです。ハーフ、10km、5km、3km、親子ペア1.2kmがあり、家族で参加することができます。スタート・ゴール地点の清川グラウンドにある「グルメ村」では、おにぎりや芋煮汁などの里の味覚を堪能することもできます。

開催期間  2017年10月8日  スタート/8:45~、お楽しみイベント/11:00~12:00 ※雨天決行
開催場所  山形県庄内町 スタート/ゴール 清川グラウンド(旧清川関所跡)
交通アクセス  JR陸羽西線「清川駅」から車約3分
主催  山形県庄内町
料金  一般/4000円、高校生/1500円、中学生以下/1000円、親子ペア/2500円 ※定員になり次第締切
問合せ先  月山龍神マラソン実行委員会事務局 0234-42-2922
ホームページ  http://gassan-m.com/

 

 蔵王山の紅葉(ざおうさんのこうよう)
http://www.jalan.net/jalan/img/6/eventfacility/0016/KL/p16499.jpg

蔵王刈田岳、熊野岳、五色岳の総称となる蔵王山では、例年9月下旬から10月中旬が紅葉のピークとなります。登山道からはもちろん、蔵王ロープウェイに乗って空から眺める一面の紅葉や、蔵王連峰を東西に横断する蔵王エコーラインをドライブをしながらの紅葉狩りなど、美しい景色をさまざまな方法で楽しめます。「御釜」と称される3峰に抱かれた円型の火口湖は、蔵王山の観光の一番の見どころとなっており、その淡い緑色の水面は展望台から望むことができます。

開催期間  2017年9月下旬~10月中旬
開催場所  山形市 蔵王山
交通アクセス  JR「山形駅」からバス約40分「蔵王温泉」~蔵王ロープウェイ山麓線「蔵王山麓駅」~「樹氷高原駅」下車
主催   –
料金   –
問合せ先  蔵王温泉観光協会案内所 023-694-9328
ホームページ  http://www.zao-spa.or.jp

 

 最上峡の紅葉(もがみきょうのこうよう)
http://www.jalan.net/jalan/img/7/event/0207/KL/e207939a.jpg

最上峡がモミジやイタヤカエデ、ヤマウルシ、ケヤキ、イチョウの紅葉に彩られ、例年10月下旬から11月上旬が最も見頃となります。雄大な自然の中を行く「芭蕉ライン舟下り」では、船頭の舟唄を聞きながら錦秋の景色を楽しむことができます。※駐車場があります。

開催期間  2017年10月下旬~11月上旬
開催場所  山形県戸沢村 最上峡
交通アクセス  JR陸羽西線「古口駅」から徒歩7分、または東北中央自動車道「東根IC」から車約1時間
主催   –
料金  芭蕉ライン舟下り(片道)/大人2200円、小学生1100円
問合せ先  最上峡芭蕉ライン観光株式会社 0233-72-2001
ホームページ  http://www.blf.co.jp/

スポンサーリンク

 宝珠山立石寺の紅葉(ほうじゅさんりっしゃくじのこうよう)
http://www.jalan.net/jalan/img/7/event/0207/KL/e207926a.jpg

宝珠山全体が紅葉に彩られ、天台宗の古刹、立石寺(山寺)に参拝する人を迎えます。根本中堂をはじめ、海抜417mにある奥の院からの眺めが見事で、夜の紅葉を楽しめる「宝珠山ライトアップ・光のロード」も行われます。

開催期間  2017年10月下旬~11月中旬  ライトアップ/10月28日~11月12日
開催場所  山形市 宝珠山立石寺
交通アクセス  JR仙山線「山寺駅」から徒歩7分
主催  山寺観光協会
料金  入山料/大人300円
問合せ先  立石寺寺務所 023-695-2843
ホームページ  http://www.rissyakuji.jp/

 

 庭月観音灯ろう流し(にわつきかんのんとううろうながし)
http://www.jalan.net/jalan/img/6/event/0206/KL/e206917a.jpg

庭月観音前の鮭川では、毎年8月18日に送り盆の行事として、仏式としては東日本随一の規模を誇る灯ろう流しが行われます。護摩壇とかがりに火が入り、ご詠歌や般若心経が奉納される中、供養の灯ろうが鮭川河畔を流れます。参拝者は、幻想的な数千もの灯りに手を合わせ、先祖の霊を慰めます。幼児、小学生による線香花火稚児供養も催され、会場に彩りを添えます。

開催期間  2017年8月18日  16:00~(受付/8:00~※5月1日より予約可)
開催場所  山形県鮭川村 庭月観音前 鮭川
交通アクセス  JR奥羽本線「羽前豊里駅」から「大芦沢行」の鮭川村営バス約7分「観音寺」すぐ
主催  庭月観音法灯護持会(千年のほほえみをまもる会)
料金  志納金/灯ろう1体2000円(お札付)
問合せ先  庭月観音 0233-55-2343
ホームページ  http://niwatukikannon.com/tourounagashi.html

 

 癒しの里やまでら「宝珠山ライトアップ・光のロード」(いやしのさとやまでら ほうじゅさんライトアップ ひかりのロード)
http://www.jalan.net/jalan/img/3/eventfacility/0013/KL/p13019a.jpg

松尾芭蕉が句を詠んだことで有名な山寺、宝珠山立石寺五大堂と開山堂がライトアップされます。昼間とはまた違った幻想的な空間が浮かび上がり、山寺と青葉の美しさが楽しめます。

開催期間  2017年7月22日~8月19日  18:00~21:00
開催場所  山形市 宝珠山立石寺、門前町商店街
交通アクセス  JR仙山線「山寺駅」から徒歩7分
主催  山寺観光協会
料金   –
問合せ先  山寺観光協会 023-695-2816
ホームページ  http://www.yamaderakankou.com/

スポンサードリンク