お盆の墓参りに行ってきましたが、管理人は内陸部に住んでますが親戚が沿岸におります。

家族総出の墓参りは、車3台で12人で一日がかりになります、朝9時出発で帰宅は午後6時、往復250km位になります。

今回は昨年の豪雨災害の影響で、道路を補修中の片側通行が多くて時間がかかりました、そして目についたのは川の流木や壊れた建物。それを見て「災害に備えて」と考え、市の便利帳から抜粋し心構え記事にしました。

今一度再確認されてはいかがでしょうか。

災害に備えて

家族が一緒にいる時に災害が発生するとは限りませせん。災害が発生した時にどうするか、家族で話し合い、家族の安全を確保できるようにしましょう。また、地域ぐるみでお互いに被害を食い止めたり、助け合った出来るようにしましょう。

家族で話し合うポイント

●家の中で安全な場所はどこか

●消化器や懐中電灯を装備し、置いてある場所を覚えておく

●マンション・アパートの避難路はどこか

●避難場所はどこか

●家の周りや避難場所までの道のりで危険な場所はどこか

●子供や高齢者の安全を確保するのは誰か

●家族間でどうやって連絡を取り合うか

●非常持ち出し品を確認する

●おおむね3日分の水や食料を非常食として保管する

●発電機や簡易トイレ・カセットコンロ等を備蓄し、ライフラインが復旧するまでの間、生活できるようにする

スポンサーリンク

非常持ち出し品の例

種 類 主なもの(注意点含む)
貴重品 現金、貯金通帳、印鑑、各種保険証書、権利証書、免許証、健康保険証など
ラジオ 携帯ラジオ(予備電池は多めに)
証 明 懐中電灯(できれば1人1つ、予備電池も忘れずに)
衣類・日用品 下着、紙おむつ、タオル、生理用品など
応急医薬品 外傷薬、風邪薬、胃腸薬、消毒薬、包帯、ガーゼ、脱脂綿、はさみ、ピンセットなど
非常食品・飲料水 カンパン、缶詰、ビスケット類、ミネラルオーターなど(粉ミルクや哺乳瓶、離乳食、おかゆなど乳幼児やお年寄りの食糧も忘れずに)

地震への備え

●家具やテレビなど倒れそうなもの、高い所にあるものを固定する

●スリッパやスニーカーを手近な所に用意しておく

●ガラス戸に飛散防止フィルムを張る

●ブロック塀やガズボンベを補強・固定する

●風呂に水をためておく

スポンサーリンク

避難情報の種類

避難情報の名称 発令のタイミング 行  動
 避難準備・高齢者等避難開始  避難勧告や避難指示(緊急)発令することが予想される場合に発令  ●いつでも避難出来るよう準備します。

●避難に時間を要する人(高齢者、障害者等)避難を開始します。

 避難勧告 災害による被害が予想され、人的被害が発生する可能性が高まった場合発令  ●避難場所へ避難します。

●地下空間にいる人は速やかに安全な場所に避難します。

 避難指示(緊急)  災害が発生するなど状況がさらに悪化し、人的被害の危険性が非常に高まった場合に発令  ●ただちにその場から避難します。

●外出することでかえって命に危険が及ぶような状況では、自宅内のより安全な場所に避難します。

 

台風・大雨への備え

●屋根に痛みや隙間がないか確認する

●測候や排水溝の詰まりを取り除いておく

●家の周りで飛ばされそうな物を固定する

●危険な河川やがけにを把握する

●川を見に行かない

 

備えあれば憂いなし

スポンサードリンク