食後の血糖値の上昇をおだやかに

以前、ニンニクコーヒーをご紹介しましたが、こちらは血糖値対策のコーヒーです

「食後の血糖値が気になる方に、食生活を楽しんでいただく方法を考え抜き、ようやくたどり着いたのが食事と自然に組み合わせる『コーヒー』でした。美味しいコーヒーを飲むだけで、食事を美味しく、しかも健康的に楽しめるなら、食後の血糖値や健康が気になる方にとっては、嬉しいことですよね」と語るのはフィットライフコーヒーの開発から製造・販売までを手がける㈱ミル総本社長。

 

いつものコーヒーと替えるだけの手軽さで好評

確かに、運動や食生活などの生活習慣改善は、面倒で続け難いという印象がするが、いつものコーヒーを替えるだけなら、手軽に続けることできそうです。

このコーヒーには、食事に含まれる糖の吸収ををおだやかにする働きを持つ食物繊維「難消化デキストリン」が豊富に含まれており、健常成人24名がこの商品を飲みながらアンパンを食べるという臨床試験では、グラフのように食後の血糖値の上昇がおだやかになることが実証されました。

 

この働きにより、フィットライフコーヒーは「食後の血糖値の気になりはじめた方に適している」として消費者庁より特定保健用食品(トクホ)の表示許可を受けてます。

 

スポンサーリンク

 

1杯にレタス2個分の食物繊維

フィットライフコーヒー1杯あたりには、レタスに換算すると葯2個分に相当する、6.7㌘もの豊富な食物繊維が含まれており(五訂食品成分表より)食後の血糖値の気になる人だけでなく、食物繊維不足を気にして愛飲する人も多いという。

 

 

健康志向のコーヒーとはいえ、本来コーヒーは美味しさを楽しむ「嗜好品」のため、無理なく続けてもらうために、その味と香りにはこだわったといいます。「コーヒーの味においては、その香り苦味や、コクが美味しさを左右する重要な要素となります。苦味が強すぎるとコーヒーが苦手な方には敬遠されます。かといって、コクを弱すぎてもコーヒー好きの方にはこのまれません。また、味にクセがありすぎても、飽きやすくなってしまいます。最終的に社長が合格出すまで、数え切れないほどのテイスティングを繰り返しました」という。

 

管理人に言わせると、通常のコーヒーには、色んな成分があり特にガンの抑制になるとも言われてます。そこを変えて血糖値のことだけ考えて移行はどうなんでしょうか? コーヒーはコーヒーだと思います。

 

皆さんは、どう思いますか^^; 管理人が思ってるこというと・・・いけませんから^^;。

 

 

スポンサードリンク