メンバーの予想を超える経済効果も生まれている

特にLS北見を有名にしたのは、試合中に作戦を話し合う際の北海道なまりの「そだねー」という言葉だ。早くも今年の流行語大賞最有力候補と言われている。また、試合の途中におやつを食べる「もぐもぐタイム」も大きな話題となりました。

 

LS北見を応援したいという理由で、北海道北見市へのふるさと納税の申し込み件数が急増。また“もぐもぐタイム”に食べていた北海道のお菓子「赤いサイロ」(清月)は注文が殺到して売り切れとなり、購入できるまでに数か月待ちだそうです。

 

これまで苦難を乗り越えて重ねてきた努力、試合中の元気いっぱいな笑顔、そして銅メダルを取っての涙――藤沢五月(26)、吉田知那美(26)、吉田夕梨花(24)、鈴木夕湖(26)、本橋麻里(31)が所属するLS北見の奮闘には日本中が熱狂しましたね。

 

スポンサーリンク

 

LS北見のメンバーのCDデビュー

レコード会社関係者の話では、「複数のレコード会社の中には、LS北見のメンバーのCDデビューを狙ってるところもある。曲は『DA.YO.NE』ならぬ『SO.DA.NE』。何とか実現できないかと、複数の音楽業界関係者が接触を図ろうとしていますよ」といいます。

 

カー娘を巡る獲得合戦は、本人たちの予想をはるかに超えるほどヒートアップしているようです。これから、テレビ番組にひっぱりだこでしょうね。

 

管理人が思うのは、アスリートは美人が多いですね---❤。私も若い頃、トラック野郎でして北海道はほとんど周りましたが、北見市はこうだったって言えるような記憶はありませんね、もう一度行きたいです。

 

藤沢さんは「本当に私たちはなまっていると思ってなかったので、ちょっと衝撃でした」と苦笑いでしたけど、北海道はイントネーションが違いますからね「そだね-」。管理人のとこは「んだね-」じゃ、イントネーション変えようがないから、方言だとすぐわかりますよね^^;。

 

トラック野郎してるときに先輩に言われてたんですが「北海道では左折時に一時停止する人が多い」たしかにそうでしたね、普通は減速はするけど、何も居ないとこで一時停止しないと思うんですが。今はわかりませんョ^^;だいぶ前の経験ですからぁ~!

 

『SO.DA.NE』のCDとかで、会える日を楽しみに(^O^)/。

 

 

スポンサードリンク