米国女子メジャー第2戦「KPMG女子PGA選手権」の最終日


息詰まる接戦の末にビッグタイトルを勝ち取ったのは、プロ6年目の24歳、ツアー未勝利の伏兵ダニエル・カン(米国)が初のトロフィーをメジャーの大舞台で飾って見せた。

「まだ勝ったことに実感はないけれど、このトロフィーはすごく重いし、この勝利は本当に大きい」。

ルーキーイヤーの2012年から、トップ5に入らなかったシーズンは1度もない。あと一歩のところで勝利を逃してきただけに、メジャーでのツアー初優勝は格別だ。将来を嘱望されてきた。2010年から「全米女子アマチュア選手権」で2連覇を達成。プロの門を叩いた後は中々結果が出ずに苦しんだ。

「私にとってこの4、5年は本当にきつい道だった。タフなものだと思う。でもそれが人生。初勝利をメジャーで飾れた。こんなに素晴らしいことはない」

ドラマチックなエンディングにふさわしい笑顔を見せたカン。しかし、初の栄冠に酔いしれる暇もなく、再来週には「全米女子オープン」が待つ。

スポンサーリンク

最新の女子世界ランキングが発表された

同大会でツアー初優勝をメジャーVで飾ったダニエル・カン(米国)が25人抜きとなる世界ランク18位に浮上を果たしている。
ここ1か月で入れ替わりが激しい世界ランク1位はユ・ソヨン(韓国)がキープ。2位にアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、3位はリディア・コ(ニュージーランド)と入れ替わりで、レクシー・トンプソン(米国)がランクイン。同大会で優勝争いを繰り広げたブルック・ヘンダーソン(カナダ)は8位に浮上、トップ10に返り咲いている。

日本勢最高位の野村敏京は1ランクダウンの19位、引退表明後メジャー初戦を36位タイで終えた宮里藍は、5つ順位を上げ117位となっている。

【女子世界ランキング】

1位:ユ・ソヨン(8.70pt)
2位:アリヤ・ジュタヌガーン(8.31pt)
3位:レクシー・トンプソン(7.81pt)
4位:リディア・コ(7.60pt)
5位:チョン・インジ(6.92pt)
6位:フォン・シャンシャン(6.43pt)
7位:インビー・パーク(5.94pt)
8位:ブルック・ヘンダーソン(5.88pt)
9位:エイミー・ヤン(5.75pt)
10位:パク・サンヒョン(5.56pt)

18位;ダニエル・カン(3.87pt)

日本勢は

19位:野村敏京(3.73pt)
35位:鈴木愛(2.43pt)
53位:笠りつ子(1.96pt)
80位:上田桃子(1.35pt)
81位:渡邉彩香(1.30pt)
82位:川岸史果(1.29pt)
84位:菊地絵理香(1.28pt)
86位:堀琴音(1.26pt)
117位:宮里藍(0.93pt)

藍ちゃんも5つ上げたんですけどね・・・もっと頑張って欲しいです。

スポンサードリンク