ゴーグル型VR端末続々

 

仮想現実(VR)が楽しめるゴーグル型端末の新製品が相次いで登場してます。米フェイスブックが単体で使える制品をを発表。

 

台湾メーカーなどは17日以降、米マイクロソフト(MS)の基本ソフト(OS)搭載のパソコンにつないで使う制品を投入する。比較的安価に迎えたものが増えており、普及が進む可能性があるという。

 

 

 

ゴーグル型端末は小型ディスプレイーを内臓し、頭に装着して使う。フェイスブックは11日、「オキュラス・ゴー」を来年初めに199ドル(約2万2千円)で発売すると発表しました。日本での発売時期は明らかにしてないです。

 

ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は「ケーブルをつなげないでゲームや映画を楽しめる」と使い勝手の良さを強調した。

 

マイクロソフトはOS「Windows10」を17日に更新し、ゴーグル型端末に対応するという。

 

台湾エイサーや米デルといったメーカーが更新に合わせて順次発売するという。

 

価格は手元で操作できるコントローラー付きで399ドルから。

 

日本でもエイサーなどが販売を計画している。

 

スポンサーリンク

 

Windows10搭載のほぼ全てのパソコンが接続可能になる。外の風景は見えず、架空の世界を映し出して、ゲームや擬似的な宇宙旅行といったVR体験できるようになるといいますが、回線速度はどうなのか気になります^^;

 

これまでパソコンでVRを楽しむには「高性能な本体と6万~10万円程度の端末を用意する必要があった」といい、利用者は一部にとどまっていたんですね、そりゃそうでしょう^^;

 

昨年端末を発売したソニーのゲーム子会社は、ゲーム機「プレイステテーション(PS)4」に接続して使う「PSVR」を14日実質値下げし、カメラとセットで4万4980円(税別)販売です。

 

 

どうですか、ぜひ仮想現実(VR)をお楽しみ下さい、っつ管理人も経験がありません^^;

でも、199$でしたら・・・・ω・!

では。

 

 

スポンサードリンク