操作動画

外部変形プログラム for JWW 連番書出テキスト内容です

———————————————————————
(c) Kiyoaki Oikawa
ソ フ ト名:連番書出
登 録 名:Renban.lzh
著作 権者:Kiyoaki Oikawa
動作 環境:Jw_cad for Windows ver 2.30以上なら間違いない
GAWKが動作する環境に有る事
使用 言語:JGAWK
掲載 月日:2002/5/24
ソフト種別:フリーウェア
———————————————————————

用途:

図面に番号を連番で書込む外部変形です(まんまや)
表に縦に番号を1づつ増加して番号を描く様な用途に使います
(横でもいけるはず、試して無いけど)
予め、記入枠が出来ており、1つ文字列が記入されている物を
サンプリングして、似たように連番を作ります。
(サンプル文字は、文字コマンドで入力した文字のみです、たぶん)

縦書き文字や、角度の付いた文字、寸法文字等には対応しません

2002/3/3コマンドラインで /F オプションを指定すると、階段状の
記入が可能となる様にした
1/1以外の縮尺で、バグっていたのを修正

2002/3/8増分値で、マイナス入力を可能とした。
但し、0 以下は記入しない

2002/5/19文字の数値位置判定部分、見直し
角度の付いた文字に対応
(batファイルで/Fオプションを指定した方がいいかも)
選択部分が数字で無かった場合のエラー処理追加
2002/5/24連文字書出 追加
文字列中のクリックした1文字を、連続変更して記入
(数に限り有り、記入する文字は2文字以上になる場合有り 十一 等)

例)一,二,三・・・
A,B,C・・・
Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ・・・
イ,ロ,ハ・・・等

記入文字が2文字以上になった場合の続きは書けません

2003/8/31増分値をマイナスにした時の不具合修正

ファイル内容:
連番書出.txt : 本文
連番書出.bat : 起動BATファイル
連番書出.awk : awkファイル本体
連字書出.awk   : awkファイル本体

全てを同一フォルダに置いて下さい

使い方:

jwwのメニューバーの[その他]→外部変形
連番書出.batを選択
(又はAUTOモードクロックに登録とかKEYコマンドとかお好きなように)

読取位置:
予め記入されている文字列と表枠をサンプリングして、
記入ピッチと文字位置を決め記入します(書込みレイヤに)
選択したサンプル文字は書き換えられます

サンプルが16進数の場合、小文字は不可

1)文字選択時、文字列の中の数字の先頭部分をクリックします
2)文字列の数字の最終部分をクリック
3)文字列の基点部分を右クリック
4)記入ピッチをクリック
(基点との間隔のX値orY値をピッチとします)
5)終了位置をクリック(最終値を入力する場合いい加減で可)
6)最終値を入力(省略すると、終了位置まで記入)
7)増分値を入力(省略すると、1 マイナスは不可)
8)文字基点を入力(数字が桁上りした場合の基点)
9)batファイルで桁上りを有効にした場合 16進数/10進数/8 進数を選択

で実行されます。

他位置:
サンプル文字と別の位置に記入します
(サンプル文字は消えません)

終了位置決定後、
初期値を入力出来ます(省略すると、サンプル値)
全角で入力すると、全角 半角なら半角で記入
他は、ピッチ読取と同じ

連文字書出:
サンプル文字のクリックした位置の1文字を、連続的に変更して書出す
他は 読取位置:とほぼ一緒

平仮名、片仮名 は『いろは・・・』と成ります
コマンドラインで /K と指定すると、片仮名が 『アイウ・・・』となる
同様に /H で平仮名が、/M で半角カナ が 『あいう・・・』『アイウ・・・』となる

ヒント:

 

16進数、8進数を使う場合

batファイルの

REM k 【桁 上 り】|16進|10進|8進|/_/A

の部分を

REM #k 【桁 上 り】|16進|10進|8進|/_/A

とすると(#を追加)、16進数、8進数が選択可能になります

通常、縦,横どちらか一方にしか記入出来ませんが コマンドラインに /F1 を
記入すると、斜めにも記入出来ます
例)
jgawk -f 連番書出.awk jwc_temp.txt /F1 %2 %3 %4 %5 %6 %7 %8 > temp.txt

同様、コマンドラインに /F2 で、0 以下になっても記入を続けます
/F3 なら、斜め&0以下 両方有効に成ります
/F のみの場合、斜めのみ 有効
/F4 で 増分値が マイナスの場合に桁下がりした時、先頭に 0 を付けて桁数を同じにする
つまり、/F に続く数字は
2^0:斜め書き有効
2^1:増分値がマイナスの時、0 以下になっても続ける
2^2:増分値がマイナスの時、桁下がりしたら 0 を追加して桁数をそろえる
の合計となります

免責事項:
このプログラムを使用した事によって発生した損害は、一切補償できません。
個人の責任の上でご使用下さい。

転載及び配布:
知人へのコピー配布は、自由ですが下記の条件を守ってください。
・プログラムを改変しないこと。
・このままの形態で無料で配布すること。
カスタマイズしたプログラムのイントラネット内での共有は構いませんが
あくまでも、オリジナルと違うものが不特定多数の手に渡らない様にして下さい。

補足:

AWK外部変形です、実行する為には gawkm115.zip を入手して下さい
これを解凍し出来たフォルダ内の gawk.exe を PATH の通ったフォルダへコピーして
jgawk.exe とリネームして使用します。
PATH の通し方が判らない場合、外部変形の有るフォルダに入れて下さい。
外部変形自体はどこのフォルダに置いてもかまいませんが、余り深い所だったり、
フォルダ名に半角スペースや記号が含まれていると、動かない場合も有ります
AWKファイルとBATファイルは同じフォルダ内でなければ動きません

ダウンロードはこちら

スポンサードリンク