沖縄美ら海水族館(オキナワチュラウミスイゾクカン)

   1975年に沖縄国際海洋博覧会が沖縄県本部町で開催され、博覧会終了後の1976年にその会場跡地に海洋博公園(国営沖縄記念公園海洋博覧会地区)が国営公園として設置されました。

海洋博公園は「太陽と花と海」をテーマに沖縄にふさわしい公園として計画され、(旧)水族館はその「海」の部分を担う施設としてスタートし、海洋博公園の人気スポットとして数多くの方に親しまれてきましたが、施設の老朽化のため2002年8月に閉館し、その年の11月から二代目の水族館が「沖縄美ら海水族館」として新たにスタートしました。沖縄美ら海水族館は、登録博物館に認定されてます。

水族館では神秘に満ちた沖縄の雄大な世界が広がります。水族館館外にあるオキちゃん劇場、イルカラグーン、ウミガメ館、マナティー館も人気です。

スポンサーリンク

沖縄美ら海水族館の基本方針

沖縄美ら海水族館は、自然豊かな沖縄の海をそのまま展示するコンプセクトのもと、「沖縄の海との出会い」をテーマに南西諸島・黒潮の海に生きる多種多様な水園の生き物達との出会いの場を創出します。また、時代のニーズを的確に捕らえ対応しながら、国民的及び国際的観光・リゾート地形成の重要な拠点として、沖縄の魅力的な自然を象徴する「海」をテーマとした集客性のある施設、特色を生かした質の高い水族館を目指してます。

「沖縄美ら海水族館」の「美ら」は、何と読むかご存知ですか?

この言葉は「ちゅら」と読み、沖縄の言葉で「美しい」「綺麗」という意味になります。

「沖縄美ら海水族館」の名称は、平成14年11月1日の新水族館リニューアルオープンに先立ち、全国各地から寄せられた13,897点の応募の中から選ばれました。

多数の応募で審査にあたった相性選定委員会を悩ませましたが、

「県外の水族館と区別でき、沖縄という地域性が感じられる」

「親しみやすく多くの人に覚えてもらう」

などから、最終的には「沖縄美ら海水族館」が選考されました。

これからも「沖縄美ら海水族館は」は、沖縄の美しい海に囲まれた水族館として、より多くの人たちに愛されるよう努力をされてます。

営業期間 開館時間:10月~2月 8:30~18:30(入館締切 17:30)

3月~9月 8:30~20:00(入館締切 19:00)

休館日:12月第1水曜日とその翌日

交通アクセス (1)名護バスターミナルからバスで約1時間
料金 大人:1,850円
高校生:1,230円
中学生:610円
小学生:610円
幼児:(6歳未満)無料
問合せ先 0980-48-3748
ホームページ https://churaumi.okinawa/

🚤 ぜひ、おでかけください。

🚗盛岡市動物公園はこちら!

🚗浅虫水族館はこちら!

🚗地下水族科学館 もぐらんぴあはこちら!

🚗 岩山パークランドおすすめスポット盛岡!はこちら!

🚗男鹿水族館GAO はこちら!

🚗みちのく仙台うみの杜水族館情報!

🚗アクアマリンふくしま「人と地球の未来」!

🚗氷の水族館 気仙沼 Ice Aquarium情報

スポンサードリンク