平成30年 盛岡八幡宮例大祭奉納 山車の情報
盛岡市の無形民俗文化財に指定されている盛岡八幡宮祭り の山車行事は1709年(宝永6)9月14日、南部藩の街造りが完成したのを祝い、 全町の若衆がそれぞれ趣向をこらした「丁印(ちょうじるし)」を、 八幡宮に奉納して3日間城下目抜き通りを練り歩いたのが始まりと伝えられています。 丁印は町のシンボルという意味で、盛岡城下各町の消防、自治的組織の標識でした。

この祭りのために、お盆明けから各町内で山車づくりや太鼓の練習が始まります。 祭りの間、神社周辺の町内には次々と山車が通り、太鼓やおはやしの声で華やいでいます。 主な祭りの日程は、9月14日午後1時から八幡下り、15日午後6時からは山車大絵巻パレード。 各町内の山車が勢ぞろいする、祭りの見どころです。 16日は八幡宮境内で古式ゆかしい流鏑馬(やぶさめ)が行われます。 期間中は、参道から八幡宮の通りにかけて屋台がたくさん出て、参拝の人たちで大賑わいとなります。

開催期間 平成30年9月14日(金)~16日(日)
開催場所  盛岡八幡宮ほか
市内巡業 14日~16日 9:00~20:00
八幡下り 14日13:00出発〈山車パレード〉盛岡八幡宮~八幡町巡行
騎馬・鹿踊・神輿行列 盛岡八幡宮~桜城小学校~山王~盛岡八幡宮
山車大絵巻パレード
15日18:00出発 盛岡城跡公園芝生広場~金属工業会館
流鏑馬 16日 13:00~ 盛岡八幡宮馬場
問合せ先  盛岡観光コンベンション協会 019-604-3305

スポンサーリンク

今年の各組演目紹介

※《》内はふりがな

★青山組  青山町
風 流: 大物浦《だいもつのうら》
見返し: 静御前《しずかごぜん》

 

★な組  本宮
風 流: 畠山重忠《はたけやましげただ》
見返し: 大宮神楽《おおみやかぐら》

 

★城西組 中屋敷町
風 流: 景清牢破り《かげきよろうやぶり》
見返し: 坂田怪童丸《さかたのかいどうまる》

 

★城西組 中屋敷町
風 流: 景清牢破り《かげきよろうやぶり》
見返し: 坂田怪童丸《さかたのかいどうまる》

 

★盛山会さ組 神子田町
風 流: 暫《しばらく》
見返し: 藤娘《ふじむすめ》

 

★の組 中ノ橋
風 流: 里見八犬伝《さとみはっけんでん》
見返し: 江戸 の組《えど  のぐみ》

 

★い組 八幡町
風 流: 鏡獅子《かがみじし》
見返し: 胡蝶の精《こちょうのせい》

 

★よ組 紺屋町
風 流: 暫《しばらく》
見返し: 棒しばり《ぼうしばり》

 

★二番組 油町
風 流: 五条橋《ごじょうばし》
見返し: 菖蒲浴衣《しょうぶゆかた》

 

★盛岡観光コンベンション協会 内丸
風 流: 荒獅子男之助《あらじしおとこのすけ》
見返し: 浦島太郎《うらしまたろう》
9月14日 御輿渡御(通称「八幡下り」)での出演順序い組

1.い組

2.盛岡観光コンベンション協会
3二番
4.よ組
5.城西組
6.青山組
7.な組
8.山会さ組
9.の組

9月15日 夜のパレード(通称「山車大絵巻パレード」の出演順序

1.青山組

2.な組

3.城西組

4.さ組

5.の組

6.い組

7.よ組

8.二番組

9.盛岡観光コンベンション

盛岡八幡宮馬場盛岡の秋を体感するべく、ぜひ、盛岡秋祭りにお出かけください。

スポンサードリンク