2日投開票の東京都議選で圧勝

http://urx.red/EtHb

小池百合子知事が率いる都民ファーストの会

多彩な経歴の顔ぶれ

◇ 渋谷区の龍円愛梨さん(40)は元テレビ局アナウンサー。

長男にダウン症があり「親や子供たちが安心できるように汗をかきたい」と述べ、子育て環境や福祉サービスの 充実などに力を入れる。

◇ 千代田区の樋口高顕さん(34)は学生時代、衆院議員だった小池知事の下でインターンを経験した。

元警視総監を父に持ち「しがらみのない政治」を訴える。

◇ 板橋区の平慶翔さん(29)は,元国会議員秘書

サッカー選手の長友佑都さんの妻で女優の平愛梨さんの弟という点でも注目された。

◇ 中野区の荒木千陽さん(35)は(小池知事が「私の右腕」)

飛び込みで事務所を訪れ、小池知事の秘書を約6年間務めた。一緒に住んでいたこともあり「信頼関係を築いてきたから進言すべきは進言し、より良い都政を作り上げる」と意気込む。

◇ 南多摩の斎藤礼伊奈さん(38)は(シンガー・ソングライター)

「音楽だけで変わっていかない、社会の仕組みを政治の力で変えていくことが必要」と感じ、小池知事の政治塾「希望の塾」に入った。2児の母で、子育て施策などに力を入れて取り組むとしている。
◇ 中央区の西郷歩美さん(32)と

◇ 足立区の後藤奈美さん(30)は

妊娠中の選挙戦を戦い抜いた。

◇ 墨田区の成清梨沙子さん(27)は公認会計士

◇ 北多摩第2の岡本光樹さん(34)は弁護士

みなさん色々な経験を基に、都政の課題に取り込むんですね。

スポンサーリンク

小池都知事は

◯ 都議選での圧勝を受け

「古い議会を新しくするという期待を受け、第1党に上り詰めることができた」

◯ 都民ファーストの今後の組織運営に関し

「議論は重ねるが最後、集約したら、そのワンボイスに組織として従っていく。意思決定の場を高めていく」

◯ 安倍政権との関係は

「都知事として国、政府と必要な連携を保つ」

◯ 国会議員を国政選挙で支援する可能性

「今そういう状況にない。都民ファーストならぬ、国民ファーストをベースに考える方が増えれば、それは国民にとってもいいことではないか」

 

頑張って頂きたいです。

 

スポンサードリンク