華為技術日本
ファーウェイ・ジャパン
は6月11日発表

「Pシリーズ」の最新機種となるフラッグシップモデル「HUAWEI P 20」とP10 liteの後継機となる「HUAWEI P20 lite」を6月15日に発売すると発表しました。HUAWEI P20は、AIプロセッサを内蔵したHUAWEI Kirin970(4 x 2.36GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)+i7 コプロセッサ搭載のハイエンドスマートフォン。メモリ(ROM/RAMは、4Gバイト/128Gバイト。対応OSは、Android 8.1/Emotion UI 8.1。

 

 

カラーは、ミッドナイトブルー、ブラック、ピンクゴールドの3色をラインアップした。ノッチ部分を最小にした約5.8インチ(18.7:9)のFHD+(2244×1080dpi)狭額縁フルビューディスプレイを採用。メインカメラは、1200万画素RGBセンサ(開口部F1.8)+2,000万画素モノクロセンサ(開口部F1.6)のLeicaのダブルレンズ仕様。AIプロセッサとの融合により、難しい設定なしで背景をぼかした写真が撮れるという。また、サブ(イン)カメラは、2400万画素(開口部F2.0)となっている。

 

さらに、いつでも高音質で音楽を楽しめるハイレゾ音源/Dolby Atmos音源対応、大容量バッテリ(3400mAh)とテュフ・ラインランドの認証を受けた超急速充電(5A/4.5V or 4.5A/5V)などの機能を搭載した。外形寸法は、約高さ149.1mm×幅70.8mm×奥行き7.65mm。重量は、約165g。

スポンサーリンク

共同開発

ドイツの高級カメラメーカー、ライカと共同開発したカメラを搭載。市場想定価格は7万5,384円と高価価格に属するが、ファーウェイ・ジャパンの担当者は「日本の利用者の心をつかむことができる」と強気です。

シャープは!

人の笑顔やペットが振り向いた瞬間をAIがシャッターチャンスを認識し、動画撮影中に自動で写真を撮る機能を備えたスマホを5月発表、今夏に発売する「AQUOS(アクオス)R2」。

ソニーは!

発表した「Xperia(エクスペリア)Premium」は高感度が売り。夜景をバックに人の顔を撮影するような場面で強みを発揮するといいます。

 

 

 

まとめ

高機能カメラを搭載した新型のスマートフォンの発表が相次いでいます。若者を中心に広がる写真共有アプリ「インスタグラム」の人気を背景に、国内外メーカーさんが商機見込んで頑張ってますね、ここも
AI(
人工知能)も活用することで見栄えのする写真が簡単に撮れるんですね!!。

ちなみに管理人はガラケーです^^;。

スポンサードリンク