ヤバイTシャツ屋さん 若手ロックバンド

今、ファン急増中の通称「ヤバT」、バンド各自体、完全にふざけている。関西弁全開の歌詞も、ミュージックビデオもライブ中トークも、フルスロットルでボケ続ける男女3人組である。

 

だが、音は熱い。骨太な音楽性と耳に残るコミニカルな歌詞は、快感かつ中毒性抜群。疲れた脳内をパァと楽しくしてくれる、まさに「ヤバイ」バンドです。

 

笑顔がキュートな男女ツインボーカルの掛け合い、ツッコミどころ満載の歌詞、ポップで遊び心ある曲調が魅了。和製ロックへの照れ隠しとも思えぬ世界観が、時代の空気を何気なく映してる。

 

大阪芸術大学の軽音楽サークル出身で、2016年にメジャーへ。代表曲「無線LANばり便利」「あつまれ!パーティーピーポー」「ネコ飼いたい」などで各地の音楽フェスを沸かせてきた。今年は2枚目のフルアルバム「Galaxy of tha Tank-top」を発表。若者のみならず、音楽通の大人たちの心もつかんでる。

 

「貴志駅周辺なんもない」「きをつけなはれや」など曲名も悪乗り。歌にする必要がまずない”あるあるネタ”から、自虐ネタ、軽い社会風刺まで。言葉選びのセンスの良さが笑いを生み出す。

 

ヤバTの光るセンスは、ミュージックビデオでも。ギターボーカルのこやまたくまは、映像作家「寿司くん」としても活躍。中学校の先輩である岡崎体育のヒット曲「MUSIC VIDEO」でも映像を監督し、高い評価を得ている。

 

昔は隠語、現代では日本語の乱れの象徴ともされる言葉「ヤバイ」。記事中の多用には抵抗がもある。だが、人気曲「ヤバみ」では彼らは歌う。「いつまで置いてかれちゃてんの」-。

 

時代は変わる、文化も変わる。今「ヤバイ」と直感したものは、素直に楽しまないと正直ヤバイ

岩手日報引用

 

 

スポンサードリンク