今回は、日本の陸上競技選手であり、日本人女性として初めてオリンピックでメダルを取った人物、人見絹枝をご紹介します。女性のオリンピック陸上競技への参加にようやく道筋がついたという時代、日本だけでなく、世界の女性アスリートの希望となった彼女。一体どのような生涯を送ったのでしょうか。

あなたは、人見絹枝を知っていますか?

人見絹枝は陸上競技において、複数の種目で活躍を見せます。いくつかの競技では、当時の世界記録もマークした彼女。一体、どのような人物だったのでしょうか。

人見絹枝は1907年、岡山県で次女として生まれました。日本で鉄道国有法が公布された頃で、明治もあと数年で終わるという年です。女性は家庭に入ることが常識とされている時代、彼女のスポーツの才能は、まだ隠れたまま誰にも見つからずにいました。

人見絹枝は高等女学校時代、どんなスポーツで活躍を見せたでしょうか?

水泳

テニス


正解は🕹



1913年、福浜尋常高等小学校に入学、卒業後、岡山県高等女学校に入学します。彼女は、そこでテニス選手として活躍を見せています。

ある時、高等女学校の体育教師が、人見絹枝の運動神経の良さに目をつけます。見込まれ、そのまま陸上大会に出場する運びとなりました。参加したのは走り幅跳び。素人同然の人見絹枝でしたが、出した記録に人々は驚きました。

体育教師に見込まれ出場した陸上大会で、人見絹枝が出した記録はどんなものだったのでしょう?

岡山県新記録

日本新記録


正解は🕹


正しいフォームさえも、良く知らなかったはずです。ただ思い切り飛びきった人見絹枝が出した記録は、日本の誰も出したことのない数字だったのです。その体に潜む爆発的な力に、その時初めて、周囲の人々が気づいたのです。

父は、人見絹枝を教師にしたいと考えていました。母は家庭婦人にするため、裁縫を習わせようとしていました。けれど、あの日の走り幅跳びの姿を知った校長は、東京の二階堂体操塾への進学を勧めます。人見絹枝自身は、文学を学びたいと考えていて、進学を願っていたそうです。

人見絹枝が取った進路は、どれだったでしょう?

家庭に入った

進学した


正解は🕹



人見絹枝は結局校長の意見を聞き入れた形で、東京の二階堂体操塾へ進学しました。後の日本女子体育大学であり、当時2年前に創立されたばかりの新しい学校です。校長が絹枝の才能を見抜き強く勧めたことが、彼女の人生を大きく変えたのかもしれません。

二階堂体操塾へ入学した人見絹枝は、またたく間に才能を開花させます。入学した年に身長は五尺六寸、170センチほどありました。塾長である二階堂トクヨから指導を受け、数々の大会に出場しました。入学初年度に出場した岡山県女子体育大会では、非公認ながら、驚くべき記録も叩き出しています。

入学初年、人見絹枝が三段跳びで出した10m33は、当時どのような記録だったでしょうか?

日本新記録

世界新記録


正解は🕹



体育大学で型を学ぶと、人見絹枝はより一層の好成績を残します。三段跳びで非公認ながら世界最高の記録を叩き出すと、翌月にはその記録をさらに更新。やり投げでも26メートル37を出すなど、複数の種目に渡って輝かしい記録を打ち立てるのです。

二階堂体操塾を卒業すると、人見絹枝は体育教師として京都市立第一高等女学校に赴任します。しかし、一学期だけを勤めたあと、今度は台湾に派遣され、大衆スポーツ普及の仕事を任されることになりました。帰国すると、今度は新聞社から誘いを受ける等、彼女にとって目まぐるしく環境の変わる日々が続きました。

人見絹枝を勧誘し、実際に入社させた新聞社はどこだったでしょうか?

朝日新聞

毎日新聞


正解は🕹



当時の新聞社は、スポーツ普及の大きな役割を担っていました。また、抱えた選手が競技会で活躍することが、新聞社のブランドを高める有効な方法と考えられていました。毎日新聞は、競技会で並外れた成績を残した人見絹枝に注目していたのです。

毎日新聞入社後、選手としての活躍を期待された人見絹枝は、多くの大会に参加することになります。三段跳びで優勝したと思えば、砲丸投げで日本新記録を出し、走り幅跳び、高跳び、野球投げ、200メートル走と様々な競技で素晴らしい成績を残しました。そして1928年、アムステルダムオリンピックへ出場することになるのです。

アムステルダムオリンピックで、人見絹枝は何の競技にエントリーしたでしょう?

100メートル走と200メートル走

個人種目全て


正解は🕹



人見絹枝はアムステルダムオリンピックで、女子の個人種目全てにエントリーしていました。一番重視していたのは、100メートル走です。当日まで、100メートル走で成績を残すべく、重点的に練習に取り組みます。

ついに、人見絹枝が焦点を当てていた100メートル走が始まります。この競技でメダルを取れば、あとは棄権しようと考えていたほど、この種目にかけていました。しかし、決勝進出を逃してしまいます。残された競技で、何とかメダルを取りたいと思った人見絹枝。疲労が残る中、800メートル走で気を吐き、ゴールしました。

人見絹枝の800メートル走の最終成績はどれでしょう?

金メダル

銀メダル


正解は🕹



人見絹枝はドイツのリナ・ラトケにつぎ、2分17秒6で800メートル走銀メダルを獲得します。これが日本人女性初のオリンピックメダリストとなりました。力を使い果たした人見絹枝はつぎの走高跳で予選落ちします。全ての力を振り絞って、無我夢中の先にあった栄光でした。

1931年8月2日、人見絹枝は肺炎のため、24歳という若さで人生の幕をおろしました。この日は、あのアムステルダムオリンピックで銀メダルを取った日から、ちょうど3年目でした。人見の死後、国際女子競技会での活躍を記念し、チェコのプラハに記念碑が建てられました。成績だけでなく、時代に先駆け勇気を持って海外へ飛び込み活躍した女性の姿は、多くの人々に感動を与えたのです。

人見絹枝の後、次に日本人女性がオリンピック陸上でメダルを取るのは、何年後でしょう?

64年後

32年後


正解は🕹



人見絹枝の後、史上2人目となる五輪メダルを獲得した女性、有森裕子が登場するのは、64年も後のことでした。人見絹枝が亡くなってから10年後、日本はハワイの真珠湾を攻撃し、戦争は激しさを増します。絹枝の栄光の証、メダルやトロフィーは、その殆どを金属類回収令で供出されてしまいましたが、オリンピックの銀メダルだけは、寝具の中に隠すようにしてしまってあったそうです。

ドリームメール引用

スポンサードリンク