二戸まつり(にのへまつり)
HPより引用

二戸市には、450年もの昔から受け継がれて来た秋祭り三社大祭(三社とは、呑香稲荷神社、愛宕神社、秋葉神社のこと)があります。
呑香稲荷神社には第34代南部利雄公が寄進したといわれる六角神輿があり、例祭では千石の格式で数十名の武士が御輿の前後を警護し渡御が行われたとされています。また町内から繰り出す山車が祭りに華を添え、近郷近在の老若男女で賑わったとされています。

一時期、車社会の発展に伴い、交通量の増加のため中止を余儀なくされていたこともありましたが、現在では、三社大祭は官民一体の祭りを目指す「二戸まつり」として行われています。
祭りが近づくと市内のあちこちから太鼓、笛の音が聞こえ、街内では山車の制作に余念がありません。当日は、煙火の合図で神輿を先頭に9台の町内会自慢の山車が、ヨーイサ、ヨイサの掛声とともに目抜き通りを練り歩きます。
また初日の夜は「なにゃとやら流し踊り」が、中日の夜には、「二戸大作太鼓」の勇壮な太鼓がこだまし、「二戸ふるさと音頭」が流れる中、市内企業、町内会等20余団体約1000名が参加する流し踊りがおこなわれます。
街は祭り一色の賑わいに酔いしれ、県北の秋の一夜を彩ります。                                                    HPより引用


開催期間 2018年9月7日~9日  山車運行/14:00~ ※前夜祭/6日
開催場所 岩手県二戸市 市内中心街
交通アクセス 東北新幹線・IGRいわて銀河鉄道「二戸駅」から徒歩30分もしくはバス約5分「岩谷橋」下車
主催 二戸まつり実行委員会
問合せ先 二戸まつり実行委員会事務局(二戸市商工観光流通課内) 0195-43-3213
ホームページ 二戸市お祭りガイド

スポンサーリンク

花巻まつり(はなまきまつり)
HPより引用

 

1593年(文禄2年)頃から始まったといわれ、420年以上の伝統をもつ「花巻まつり」は、市民総参加の祭りにして、花巻市最大のイベントです。各町内から繰り出す十数台の風流山車をはじめ、郷土芸能の鹿踊(ししおどり)、神楽権現舞、100基以上の神輿パレードなどが行われます。約700人にもおよぶ市民総参加の花巻ばやし踊りパレードも見どころの一つです。

開催期間
9月7日(金曜日)
時間 行事名
午後3時から午後4時20分まで 山車・神輿自由運行
午後3時30分から午後4時まで 神楽権現舞パレード
〈花巻神社~一日市~吹張町〉
〈文化会館~材木町~鍛治町~吹張町〉
午後4時20分から午後5時40分まで 神楽権現舞パレード
午後5時40分から午後6時30分まで 神輿連合パレード
午後6時30分から午後8時まで 山車連合パレード
午後8時から午後9時まで 群舞かがり火鹿踊

当日雨天の場合、神楽権現舞パレードを中止し、午後4時20分からまなび学園において演舞します。

9月8日(土曜日)
時間 行事名
午後2時50分から午後3時まで 防犯隊市中パレード
午後3時から午後4時30分まで 鹿踊パレード
午後4時30分から午後6時50分まで 神輿一斉連合パレード
午後6時50分から午後7時10分まで 鳥谷崎神社御神輿渡御
午後7時10分から午後8時20分まで 山車連合パレード
午後8時20分から午後9時まで 山車・神輿自由運行

当日雨天の場合、鹿踊パレードを中止し、午後3時からまなび学園において演舞します。

9月9日(日曜日)
時間 行事名
午後3時から午後3時10分まで 花巻まつり実行委員会会長挨拶
午後3時10分から午後3時40分まで 山車連合パレード
午後3時40分から午後4時50分まで 山車連合パレード
〈豊沢町~双葉町~鍛治町~末広町~大通り~花巻駅〉
午後3時40分から午後4時40分まで 花巻ばやし踊りパレード
午後4時40分から午後6時まで 神輿連合パレード
午後6時から午後7時30分まで 山車連合パレード
午後7時30分から午後8時まで 大手締め
午後8時から午後9時まで 山車・神輿自由運行

花巻ばやし踊りパレードは雨天決行ですが、豪雨の場合は中止することがあります。

開催場所 岩手県花巻市 おまつり広場 ほか
交通アクセス JR東北本線「花巻駅」から徒歩15分
主催 花巻まつり実行委員会
問合せ先 花巻市商工観光部観光課 0198-24-2111
ホームページ 花巻観光情報

 

 

スポンサードリンク