各地でサクラが満開を迎えてます。

花見で盛り上がってますが、近年は訪日外国人客観光の目玉になってます。

観光庁の昨年の調査では、2016年4月の訪日外国人数は208万1,697人で

夏休みの7月(229万6,451)、中国の国慶節がある10月に続き年間3位(213万5,905人)

の結果が出てます。

花見酒の定番はビールですが最近は需要が缶チューハイやワインなどに流れてると言います。

訪日外国人客の急増で膨らむ花見市場に関心寄せるのは、ビールメーカー、飲料や乳業、食品メーカー

需要取り込みに意欲を見せてます。

昨年(16年)の訪日外国人客の旅行消費額を見ると、花見シーズンの4~6月は、9,534億円で、

7~9月の9,716億円に次ぐ規模になってるそうですが、これは力が入りますね。

メーカーの戦略

アサヒビールはサクラの開花時期に合わせて全国の10地区ごとに発売日を変えた

特別デザイン缶やキャンペーンパックを発売、その結果3月までの売り上げ数量は

74万ケースに達し、4月末の目標70万ケースを上回ったそうです。

上野駅などサクラの名所に通じるターミナル駅にラッピング広告も展開して

アピールして、缶チューハイや第三のビール商品も好調という。

 

キリンビールはアマゾンと組んで、、インターネットで「エア花見まつり」を実施。

家でできるように、桜並木のタペストーリやイルミネーションサクラ

お花見気分に浸れるパラソル、ちょうちん、花吹雪など室内グッズを販売し

家での仮想花見に「一番搾りビール」を飲んでもらう仕掛けです。

 

緑茶飲料大手の伊藤園は主力商品「お~いお茶」で、サクラパッケージの

期間限定商品を発売、濃い茶やほうじ茶など他商品でもサクラパッケージ

を展開して、日本さくらの会の選定した「さくら名所100選の地」を紹介してます。

花見も緑茶も日本人の習慣というイメージが強いと力を入れてます。

 

明治は、おつまみや弁当に着目、酒を飲むと塩味が強い食品を食べたくなるのは

アルコールの利尿作用で塩分が体外に排出されるためです。

「明治北海道十勝スマートチーズ」はうまみ成分を強めて、少ない塩分でも塩味

を感じられ、ヘルシーなおつまみでお勧め。期間中、ホームページでスマート

チーズ活用レシピを公開してます。

GPS・決済 スマホで出前

夢の街創造委員会が運営する出前総合研究所では、スマートフォンの高度化を背景に

花見客による出前注文が増えてるそうです。

花見客への出前は、客のいる場所がわからない、代金でトラブルがあるというイメージ

が強かったが、全地球測位システム(GPS)の発達や「出前業者がクレジット決済サービス

を導入しているため、スマホ決済できる利用例が増えてきた」といいいます。

これは便利ですね、でもなんとなく消費過ぎるような気もしますが管理人だけでしょうか(笑)

 

さいごまでお読みくださいまして、ありがとうございました。

スポンサードリンク