脱水症はなぜ起こる?

yjimage (7)

 http://ur0.biz/DCtu

人間の身体は、成人で6割が体液から成り立ってます[高齢者で5割、新生児で8割と、年齢によって割合に変化が見られます]。

体液とは、血液・リンパ液・唾液・粘液・消化液・尿など、人間の生命活動を行う、うえで欠かすことの出来ないものです。この体液が失われた状態を、脱水症状といいます。

脱水症は、体内に入ってくる水分量の減少と体外に出ていく水分量の増加が主な原因です、そのため次のような時には特に注意が必要です。

●体調不良などであまり食事をとれない時[水分は、食料だけでなく食事からも体内にとりこまれています]

●暑い時[汗で多くの水分奪われます]

また、水分が体外に出ていくときは、ミネラルも一緒に排出されます、脱水症の予防には水分だけでなくミネラルが欠かせません。

脱水症の症状とは

●軽度

めまいや揺つきが起こります。また口の渇きが感じられます。

●中程度

頭痛や悪心が起こります。口の中や粘膜が強く渇き、唾液や尿の量も減ります。嘔吐する場合もあります。

●重度

意識障害、けいれんなどを引き起こします。そのほか、昏睡や錯覚、幻覚などの精神症状が起こることもあります。

軽度であっても症状が出たら、すぐに水分補給を行ってください。

脱水症を予防するためには

脱水症は、治療よりもまず予防に努めることが第一です。予防の要は、水分補給とミネラル補給です。

●水分補給

とにかく、こまめにとるようにしましょう。とくに就寝前や起きてすぐ、入浴する前後、運動をする前後、運動中、そして飲酒後は、必ず水分をとってください。

汗や尿だけでなく、皮膚表面や呼吸などからも水分は排出されます。運動しなくても1日に2リットルの水が排出されています。水分補給は怠らないでください。

●ミネラル補給

水分だけを補給してると、自発的脱水と呼ばれる症状を起こすことがあります。これは、大量の汗をかいたときに水のみ補給することで血液中の塩分が薄まり、「これ以上水は要らない」という司令が脳から出てしまうので、結果的に脱水症状を引き起こします。そのため、水分とともにミネラルを補給することが大切です。

最後に

水分とミネラルのこまめな補給を意識して、自分の身体は自分で守って、高齢者や小さなお子さんの脱水症には、周りの方が気を配っていきましょう。

 

管理人は

私の子供の頃は、スポーツするときは水分補給なしでしたね、特に野球部員なんぞはレモン一個すすりながら試合に望んでました。

当時は、水を飲んだら脱力感がでて身体がとまってしまうんです。

乾きをレモンのスッパさで、うろおしてたんです。

やはり食文化の違いですかね、考えるとこです。

スポンサードリンク