13日

管内も道路には積もりませんでしたが、車は真っ白状態でした。

青森では、強風に見舞われて、八戸市内では吹雪の時間帯もあり

強風や時期外れの降雪に驚く市民の姿が多かったそうです。

強風注意報や風雪注意報

青森県内では、強風注意報や風雪注意報が発令され、八戸では

午前9時頃に最大瞬間風速28,8メートルを記録し、市内2か所で

トタン屋根が飛散したほか、小屋が倒れる被害がでました。

電力会社のよると、午後2時ごろ、五戸町倉石又重、石沢などで

計1,112戸が停電し、約2時間後に全て復旧した。

空の方では、青森空港は強風による影響などで、札幌便など

計3便欠航となりました。

16日

「青森県内は16日、寒冷前線の通過や低気圧の影響により各地で

強い風が吹き荒れた」のニュースを見ると

青森気象台によると、八戸では午前9時頃、最大瞬間風速31,6メートル

を観測され、三八上北地方には一時暴風警報が発令されました。

被害が出てしまいました。

八戸市内では、60代男性が飛んできた木材で頭を打ち、軽傷を負った。

そのほか、各地で倒木やトタン屋根が剥がれる被害発生、交通機関にも

影響が出ました。

気象台によると、青森県南地方の最大瞬間風速は

十和田:22.9メートル

三沢 :21.7メートル

暴風警報発令:午前10時6分

暴風警報解除:午後2時16分

となりました。

管内の被害は

八戸市内では、強風にあおられて歩きにくそうにしたり、砂埃に顔を

しかめたりする市民の姿が目立った。

同市鮫島町の蕪嶋神社前で開かれた「蕪嶋まつり」会場近くでは

風に倒れないうちにテントをたたむ出店もありました。

八戸消防は本部管内被害まとめ、16日午後7時半現在

・けが人   一人

・物的被害  12件(うち八戸10件)

 

おいらせ町では、倒木が電線に引っ掛かっための漏電が原因と見られる火災が起き

枯草など約100平方メートルを焼いた、20分後に鎮火しけが人はなかった。

倒木に伴い電線が焦げ、補修のため中下田地区の53地区が停電し、補修作業の

影響で近くの交差点1か所での信号も止まり、三沢署員が交通整理にあたりました。

 

JR東日本盛岡支所によると、八戸線の八戸―久慈間で普通上下が運休

約200人に影響ありました。

 

17日気象台予報

「高気圧に覆われ午前は晴れるが、夜以降は低気圧の影響で雨が降る所もある見込み」

 

現実は

現実は午前は晴れで、お昼頃は熱いぐらい温度上がりましたが

午後2時ごろから、風強くなり寒さ感じる、お空はドンヨリでした。

明朝から雨の予報でしたがぁ~!今22:00過ぎですが雨です。

予報ですから仕方ありませんが・・・( 一一)

 

一番重要なことと、管理人は思います

より一層正確さを求めます。

 

3.11がおきたからではないと思います

自然は変化してると思います

みんなで、なにが起きても対応できるように

していきたいと思います。

 

最後までお読み頂きありがとう御座います

m(__)m

ではまた。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク